新着一覧
トップページ新着一覧 > カミキリムシが羽化しました

カミキリムシが羽化しました

2012年06月28日(木)

 2012年6月下旬に、地域・流域共生センターのベランダにあるコナラの丸太からカミキリムシが羽化しました。

 この丸太は去年の暮れに、水槽のレイアウト用に拾ってきたものだったのですが使用することなく放置した状態のものでした。
 以前からセンターのベランダにアシナガバチが姿を現すと、度々報告を受けて注意を促すポスターなどを作成していたのですが、実はそのアシナガバチが件のカミキリムシだったと思われます。

 今回、ベランダで羽化したカミキリムシは"キトラカミキリ"という種で、アシナガバチに擬態をするカミキリムシです。
 つまり、アシナガバチを目撃したと思っていた人はまんまとキトラカミキリの戦略に嵌ってしまっていたというわけです。

 今回、羽化を確認できたのは一匹だけで、丁度丸太から抜け出そうと上半身だけを出して必死にもがいていました。

 IMG_6475.jpgのサムネール画像  IMG_6488.jpgのサムネール画像
 ▲丸太から出ようと頑張っている様子です。

 よく見ると丸太には既にカミキリムシが出た後の穴や、抜け出すのに失敗し途中で力尽きてしまった死骸が無数にありました。
 どうやら蛹から羽化した後に丸太から外に出ることがカミキリムシにとっての第一関門のようです。

IMG_6481.jpgのサムネール画像  IMG_6483.jpgのサムネール画像
 ▲カミキリムシが出た穴です。写真に写っているカミキリムシは、途中で力尽きてしまった子たちです。

   必死に這い出ようとしている一匹も、丸太が固すぎて出てこられないようで、本来ならばやってはいけないようなことの気もしますがカミキリムシの周りをドライバーで削り、出て来られ易いようにしました。

 無事に丸太から脱出したカミキリムシは、長時間の悪戦苦闘のせいか非常に消耗していて、また羽化の場面を見てしまったせいで私も愛着がわいてしまい現在センターで保護しています。

 IMG_6517.jpgのサムネール画像  03.jpg
 ▲無事に出てきたカミキリムシです。ちなみに右の写真が、このカミキリムシが擬態しているアシナガバチです。

 それにしても、私が学生時代から数えて今年で和光大学に通い続けて6年目になりますが、ベランダに丸太を置いておくだけで、思いがけずとはいえ今回のような生命の誕生に立ち会えることになるとは思ってもいませんでした。
 改めて岡上地域の自然の豊かさを実感した次第です。