新着一覧
トップページ新着一覧 > [1/19] 鶴見川冬鳥調査

[1/19] 鶴見川冬鳥調査

2014年01月22日(水)

 鶴見川流域ネットワーキングが毎年行っている鶴見川冬鳥調査、今年、和光大 学では鶴見川の川井田人道橋~寺家橋の区間と、鶴見川支流の麻生川 (源流~ 鶴見川合流点)を担当しました。
 鶴見川(川井田人道橋~寺家橋)は、鳥類保護 連盟の和光大学OBの指導のもとでかわ道楽の学生3名が担当 し、麻生川は和光大 学教員2名、OB1名と学生4名が担当しました。

 IMGP7233.JPGのサムネール画像  hakusekirei.jpgのサムネール画像

 晴れてはいるものの、時々強い寒風が吹いて、鳥が見られるかどうか心配な天 気でしたが、お馴染みのカルガモやきれいに輝くカワセミなど20種以 上の鳥が 見られました。結局、鶴見川(川井田人道橋~寺家橋)で453羽、麻生川で375羽 の野鳥たちと出会えることができました。

 IMGP7212.JPGのサムネール画像  karu.jpgのサムネール画像
 鶴見川も麻生川も、都市にあっても多くの野鳥と人々が出会える拠点にもなっ ていることが改めて分かりました。
  今年初参加の学生たちは「思っていた以上に楽しかった。来年も是非参加し たい」と、早くも来年の冬鳥調査の話題をしていました。

 1609769_598701270204154_1536002413_n.jpgのサムネール画像