新着一覧
トップページ新着一覧 > 【7/25】和光大学・かわ道楽の鶴見川定例生物調査に、都立六本木高校の参加がありました。

【7/25】和光大学・かわ道楽の鶴見川定例生物調査に、都立六本木高校の参加がありました。

2016年08月22日(月)

 和光大学・かわ道楽では、毎月2回、和光大学の近くを流れる鶴見川大正橋付近での生物調査を定例化しています。2016年7月19日(火)の調査に、東京都立六本木高等学校から教員1名、生徒3名が参加しました。

 まずは、かわ道楽の学生によるセーフティトーク。それからタモ網の使用方法の解説と、投網の実演。それから、お待ちかねの生物調査に取りかかりました。
あIMG_7761.jpg あIMG_7776.jpg
▲セーフティトークの様子(左)と投網の実演(右)

 オイカワ、ヨシノボリ、タモロコ、カワムツなどの魚類、シマアメンボ、トビケラの幼虫、ヤゴ各種といった水生昆虫、ウズムシ(プラナリア)などを採集し、間近に観察することができました。
あIMG_7786.jpg あIMG_7793.jpg
▲生物調査の様子(左)と捕れた生きもの

 他にも川沿いの道路上からスッポンやアオサギ、カルガモが観察でき、鶴見川の生物多様性に驚きの声が上がりました。