地域・流域共生センター
トップページ > 地域・流域共生センター

地域・流域共生センターとは

水族館 地域・流域共生センターは、大学と住民・行政・NPOを結ぶ拠点・窓口となる学内機関です。物品の貸し出し、安全講習会、環境教育資格講習会等を通じて、学生による雑木林保全や生物調査、川の清掃などの活動の支援を行います。また川崎市岡上地域の行事や、鶴見川流域に関わるNPOや諸機関との連携によるさまざまな取り組みも始めています。
 このような活動を通じて、これまで大学内外で築いたネットワークの維持・発展を図り、大学の地域貢献を充実されるとともに、流域の自然と社会を貴重な教育資産として学部教育の中に生かしていくよう図ります。
 地域・流域共生センターはG棟3階307室にあります。美しい魚が泳ぐ「鶴見川流域水族館」もあります。お気軽に見に来てください。


下図は、これまで学生が川崎市岡上地域や鶴見川流域の市民や行政のネットワークの協力のもとに展開してきた活動の一例です。

和光大学生の主な教育保全活動フィールド

貸し出し備品について ※原則、備品の貸し出しは和光大学生に限ります。


ファーブル

水質調査

パソコン

樹高計

刈払い機

チェーンソー

タモ網

投網

四つ手網

リヤカー

フィールドスコープ

ICレコーダー

スクリーン

うす鎌

スコップ

ナタ

家庭鍬

三本鍬

両面鎌砥